top of page

夏休み!親子で学ぶ☆子供向け性教育講座!開催レポート

更新日:2023年8月17日

~私は何と呼ばれたい!?~まさかの出来事がありました!!

昨日は5歳〜小学校3年生までの子供達向けの、子供向け性教育講座でした!! 親は大抵は横で一緒に視聴したり、クイズを一緒に考えたりしながら、親も性教育を感じていただく時間になってます。 私は性教育講座をするときには『先生』というスタンスを大分前からとらないようになりました。 【私は皆と一緒に命や体やココロの話をしに来ました。どうぞ宜しくお願いします。】 いつもそんな風に自己紹介をしています。 今回の講座では、子供たちに【人に呼ばれたい呼び方】選んでもらいました! これが大盛り上がり! 『カービィ―』『副社長』『ミーミ』etc・・・出てくる出てくる。可愛いですね! 実はこれも【包括的性教育】の一環なんですよ! 学校や社会では有無を言わさず『○○ちゃん』『○○くん』と呼ばれます。最近ではLGBTQの認識が広がり、逆に男女問わず『○○さん』と呼ぶ小学校も増えてきましたが、なんだかどちらもモヤモヤしませんか? 『自分自身はどう呼ばれたいと思うのか?』ここがとっても大切!! なので、私も子供達に『までぃ母さんと呼んで欲しいです!』と伝えました☆彡 今回から、今まで3日間でやっていた内容を、時間を少し長くして2日間に変えました! だから一日目にして、とっても盛沢山!! 沢山防犯クイズをするのですが、何回も参加している我が息子も、終わった後私の所へ来て、『さっきは飽きたって言ったけど、今日のは面白かったよ!』って言ってくれました☆彡 そして、もっと嬉しかったのは、ここに写っていないですけど、実は離れてお話会を聞いていた小学校6年生のお兄ちゃんが居たご家族がいるんです。 お母様はお兄ちゃんにも性教育がしたいと前々から思っていらっしゃったのですが、やはり思春期に入りかけている小学6年生。お母さんならどうスタートするか迷うのは当然ですよね! 実は息子の友人家族で、までぃ母さんのお話会の後、息子が友人のご自宅に遊びに行く事になりました。私はすぐに別のパートナーシップ講座があったので、15時前にお迎えに行きました。 私が息子を引き取って帰ろうとしたら、なんと、その小学校6年生のお兄ちゃんが、わざわざ玄関まで来て、『今日はありがとうございました!』とお礼を言いに来てくれたのです!! 息子の友人宅とはいえ、私はそのお兄ちゃんに初めて会ったんですよ!!

これ、すごくないですか? もう、私はとても嬉しくて、嬉しくて、飛び上がりそうでした!! こういう瞬間に性教育をしていると立ち会うのですが、本当にココロが震えるし、子供って本当に純粋で素直で素晴らしい成長をするなぁ~と思うのです。 DAY2も明日開催ですが、参加してくれたすべてのお子さん、そしてご兄弟、ご家族に性教育って素敵だなって、聞いて良かったな、って思ってもらえたら本望です。 明日はDAY2!!プライベートゾーンや性器の洗い方、いじめ、ココロの事等、盛りだくさんです!! *********************************** 🍉夏休み!親子で学ぶ☆彡子供向け性教育講座~までぃ母さんのお話会~ についてのお問合せはこちらから▼公式HPです 村上まどか|多摩地区の性教育講師 (eden-academy.com) アーカイブ録画受講も承っています!そこに居なくても他の参加のお子さんの反応や発言を聞きながら参加出来るのでリアルで参加しているような気分で皆様から好評いただいています。 🍉🍉夏休み!親子で学ぶ☆彡子供向け性教育講座~までぃ母さんのお話会~ 【5歳〜小学3年生向け】をアーカイブ録画受講する方はこちらから▼

https://resast.jp/page/consecutive_events/19359 🍉🍉🍉夏休み!親子で学ぶ☆彡子供向け性教育講座~までぃ母さんのお話会~ 【小学4年生〜中学1年生向け】の詳細を知りたい方はこちらから▼

閲覧数:77回0件のコメント

Comments


bottom of page