top of page

『ママ!そんな下着捨てなよ!!』小5の娘に言われて気づいたこと



先日、小5の娘と下着を買いに行ったときに、娘に言われた言葉です。



ガツンときました。




こどもの早期性教育はなぜ大切なのか?


それは早ければ早いほど、こどもの【自己肯定感】を高め【自分を大切にする】ことができるようになるからです。


大人向けの性教育講座で一番最後の締めで私がそのように伝えたあと、いつもある問いかけをお母さんたちします。



「性教育は子供自身の【自分を大切にする力】を育みます。私たちはどうですか?自分の事大切にしてますか?」



大抵、というか、殆どのお母さんは、頷かず、首を横に振るのです。



そう。こどもに【自分を大切にして】と言いながら、私たち大人1人1人が、実は【自分の事を大切にしていない】のです。



まずそこに大人が、お母さんが気付く事がとても大切です。

でもそこに気付くのがとても難しいのです。


なぜって、大抵の母親は「息を吸うように」自分の事を犠牲にして、自分の事を後回しにして、自分の事を大切にせずに、子供の事を優先しているから、、、、気づけないのです。



私自身は性教育を伝える立場で【自分自身を大切にする】という事の難しさを知りつつ心掛けているつもりでした。


なぜ今回ランジェリーショップで下着を見る事になったのかというと、娘に『ママの一番買いたいものを一緒に選びたい』と言われたので、強いて言えば【下着かな?】と思ったと、『自分の下着を買おう』という、心の余裕と経済的な余裕が少し出来たからです。


「経済的な理由」というのは大げさですが、多くのご家庭がそうであるように、下着が買えないほど貧窮しているわけではないですが、私のサイズが大きくてなかなか手軽に買えないのも事実で、家庭の経済を担う主婦としてはいつも後回しになるのが、自分の下着でした。


もちろん、娘とランジェリーショップに行くというのは性教育的にもとても良い事で、正しいカップを店員さん計ってもらって選ぶ下着と、適当にLかな?Mかな?と選ぶ、もしくはそういう表記しかない下着というのは自分に合ったものではないのでフィット感が全然違うのです。


なので小5でこれから思春期に入ってゆく娘に、ランジェリーショップで自分の体に合った下着を選ぶ奥深さや楽しさを感じてもらいたかったのランジェリーショップを訪れた理由の一つでもありました。


久々のランジェリーショップはとても楽しかったです。

娘と一緒にカラーやデザインを楽しく選びました。


『ママ、今時はこういうカラーが人気なんだよ』

『ママ、私だったらこっちを選ぶけど、ママはそっちが似合ってる』

『ママ、このパンツの形とこのパンツの形の違いはなに?』


なんて会話をしながら、下着を決めて、試着に進みました。

娘の勉強になると思ったので、娘も更衣室に入って試着を見てもらうつもりでした。


私が下着になった瞬間!!


その時に言われたのです。


『ママ!なんでそんなボロボロの下着着てるの!?捨てなよ!そんなの!』



そう。私の下着は使い古してボロボロでした。サイズも購入した時とはスタイルも変わり、かなり違っていたので、はみ出るものはみ出ていて、ヒドイ有様だったのです。



『あはは~だよね。ひどいよね。ママの下着。買わなきゃね』

『当たり前だよ!絶対今日買って!』



母親としても恥ずかしく、もう笑うしかない状態。

しかしこの時点でも、実は購入を迷っていた私でした。

だって2セット購入したら1万円5千円を超える出費です。



しかし娘に『当たり前だよ!』『そんなの捨てなよ!』って、スパッと言われて気がついたんです。



【ああ、私は自分を大切にしていなかったんだな・・・・】



娘にはいつもこんな風に言ってます。


『下着はいつも綺麗なものを身につけなさい。自分の気に入ったものを選びなさい。プライベートゾーンのお洋服だから、それは自分自身を大切にする事に繋がるんだよ。』


これがもし娘の下着だったら、私は迷わず買っていたでしょう。

それなのに、自分はやっぱり後回しだったんですよね。



性教育でいう【自分を大切にする】って言葉では簡単だけど、実際にするのは、そんなに簡単な事ではなくて、なにが自分にとって心地良くて、なにが自分にとって不快なのかを自分自身が知っていて、気づいていて、選択できる事をさします。



これって本当になかなか難しいんです。

でも子供を見守る大人1人1人が、日常の小さな事から【自分を大切にする】心地良さを知っていけば、本当の意味で【自分を大切にする】ことを子供に伝えてゆけるようになるのです。これは本当にコツコツ、自分の心と体に愛情を注いでゆく事なのです。



さて、話を戻すと、、、、

私の下着、購入したんでしょうか?

もちろん購入しましたしたよ!2セット!!笑



今、私の新しい下着を着る度に、何とも言えない心地良さと嬉しさがこみ上げてきます。それは【自分自身を大切に出来た】という実感であり喜びなのです。子供の時に大人に自分の欲しいものを買ってもらった時の素直な喜びと似ている気がします。


毎日、私の素敵な下着を身に着けてニマニマしている今日この頃です。


さあ、皆さんも!!【自分のことを大切に!】



やり方が分からない方は、まずランジェリーショップへGO!!笑

=========================================

までぃ母さんへのご質問・お問合せはこちらから▼


🔴までぃ母さんの親向け性教育講座 「未就学児・小学生の為の性教育講座」

12月13日(水)10時〜12時 オンラインZOOM開催

詳細&お申込みはこちらから▼

国際セクシュアリティガイダンスに沿った性教育をお伝えしています。

また雑談では、までぃ母さんならでは視点と経験でお話しする痛快・納得のお話しが満載です。初めて性教育を学ぶ方も、どこかで学んだ方にもおすすめです。



閲覧数:19回0件のコメント

Comments


bottom of page